WordPressで同人サイトのサンプル作ってみた~マルチサイト編~

この記事は約3分で読めます。

WordPressで同人サイトを作る方法を調べてまとめたあと、マルチサイト機能を使ってサイトのサンプル作ってみた。古の同人サイトによくあった感じのサイトデザインを目指した。テーマはLuxeritas。縦書き表示機能があることに採用してから気づいた。

総合トップページにお知らせ・日記ブログ、小説のサイトには小説、イラストのサイトにはイラストを掲載。マルチサイト機能で3つのサイトを使って作っている。

メリット・デメリット

メリット

  • サイト全域のデザインを共通化でき、同一サイト内であることがわかりやすくなる。
  • 1つのデータベースで複数のサイトを作成できる。
  • 日記、小説、イラストを個別に表示することができる。

作品ごとのマルチサイトにして個別表示も可能。

デメリット

日記・小説・イラストそれぞれの管理画面が別

投稿ミスが防ぎやすいというメリットにもなりうるが、煩雑でわかりづらい。

トラブルが頻発する

マルチサイト機能はトラブルがかなりいろいろ起きる。WordPressにある程度詳しいか、トラブルを自力解決できる自信がある人向け。

ひとつのWordPressでイラストや小説をまとめて表示するにはカスタマイズをいろいろしなければならないと思うが、それでもひとつのWordPressでやったほうがマシだと思われる。

無理にマルチサイトを使って設置するくらいなら複数のWordPressを使って設置するほうがマシな気もする。(可能なサーバーは限られるが)

工夫した点

エントランスを設置した

エントランスの作り方は以下。

  1. エントランスとその次のページ(サンプルではトップページ)を固定ページで作る。
  2. WordPressの機能でホームページにエントランスを設定。最新の投稿にトップページを設定。
  3. プラグイン「Widgets Control」で、エントランス以外にサイドバーを表示するよう設定。(Show on all except these pagesでエントランスのページIDを記入)

Widgets Controlの設定は以下のページがわかりやすかった。

Luxeritasには「トップ以外のサイドバー」というウィジェット設定があるのだが、それではなぜかうまく動かなかった。エントランスとトップページが同じページ扱いされてしまうのかもしれない。

小説はカテゴリをシリーズ名にし、タグ検索を可能にした

タグは元の作品名とかにするとPixiv小説っぽい表示になる気がする。

サイトメニューはメニュー機能を使用

小説やイラスト、総合トップページの行き来にはサイドバーにメニュー機能を使ったリンクを作成。各トップページへはカスタムリンクで移動している。

やってみたかったがうまくいかない点

記事一覧をイラストだけタイル表示、ほかはカード表示

マルチサイト機能を使うとサイトデザインが全サイト共通になるので、特定のサイトだけデザインを変更することができない。地味に不便。

解決案:別々のWordPressで作る

身も蓋もないが一番の近道な気はする。

(めんどくてやめた点)小説・イラストのパンくずリストで「ホーム」に総合トップページを表示するようカスタマイズしたかった

ホーム>イラスト(小説)トップ>各コンテンツ……っていうパンくずリストにしたかった。めんどくてやめた。

正直おすすめできない

正直いろんなトラブルが起きすぎて、マルチサイトで作るのは全くおすすめできない。どうしてもやってみたい人はやってみるといいと思う。

タイトルとURLをコピーしました