iPadケースを革で手作りしたよ。

この記事は約3分で読めます。

iPad9.7インチの持ち歩き用ケースをレザークラフトで作ったよ。ペンホルダーつき。レザークラフト5作品目。

めっちゃ女子感ある見た目になってしまった

閉じるとこんな感じ。イマイチ閉じてないが、まあ落ちなければいいかなと。四角いビーズはアルファベットビーズで、ぼくの本名が入っている。紛失恐怖症なので本名入れといた。画像では読めないように塗りつぶしてある。

ハートのビーズが上下動くようになっていて、それで皮紐を締めて閉じる形。これがなんという名称の仕組みなのか、ぼくは知らないんだ……。玉ひもかなあ……?

ペンホルダーは、革の床面(裏のケバケバしたところ)を処理していないおかげか、滑り止めになって縦にしても落ちてこない。入れづらいなんてこともない。

ぶれててゴメンネ

A4判の革を縫い合わせて作ったのだが、ほぼジャストサイズ。若干の余裕があるので、10.5インチくらいでも入るかもしれない(責任は持てないが)。

作り方

A4判の革を2枚縫い合わせる。縫うのは3辺だけ。ペンホルダーや留め具のボタンなどは3辺を縫う前につけて、仕上げに3辺を縫う。

口はボタンや大きめビーズ等と皮紐で止めるのもあり(ぼくはそうした)だが、ただ折るだけでも大丈夫かと。

A4サイズを縫い合わせるだけでできるので、型紙はない。

ペンホルダー&留め具用皮紐

ペンホルダーは、ぼくは内側になる革の口のところをちょっと切ったので、そこを利用してフタあたりの真ん中ら辺になるようにつけた。そのときに留め具にする皮紐もつけた。

上下逆さにつけたほうが良い感じになったと思う……。大きさはペンをくるんで縦に持っても滑り落ちてこない大きさにした。測ってないのでサイズはわからん。横幅は6cmくらい。

こんな感じで縫ってた。

留め具の皮紐はどう処理したらいいかわからなくて、ペンホルダーを縫いつける糸で縫い込む形にして、念のため両面テープでペンホルダーに止めてある。おかげでちょっと表にポコポコ浮きだしている。もっとキレイに処理したかった……。

留め具

留め具はぼくの場合、昔買ったビーズ。革に穴を開けてテグスで止めた。

半透明のものは両面テープ。縫い目がダマになっていてiPadが傷つきそうだったので、はぎれの革で覆う作業途中に撮った。

覆っても少しふくらみはあるんだが、むき出しよりはマシだろう……。

本当はスタンド兼用のカバーが作りたかったんだが、それは今のぼくには難しそうだった。これみたいなの自作できないかなーと思ったんだけどね。

iPadスタンドも作ってみた

iPadスタンドもダンボールで作った。上のスタンド兼カバーみたいなのが作りたくて試作したら、気に入ってそのまま使うことになったのだ……。

使用したビーズは昔ウォレットストラップだった

10年ちょっと前にこういうウォレットストラップを作っていた。そのときに、今回留め具として使用したビーズ(ちょうちょ&ハート)が使われていた。オレンジと黒の糸は麻糸。

その後ちぎれちゃって使わなくなったんだが、ビーズは全部とってあったので、一部は今回使えた。リメイクってほどでもないが、使えて満足。

タイトルとURLをコピーしました