DQ10)サブキャラでもアスフェルド学園をクリアしてきた

この記事は約6分で読めます。

十字キーの左を長押しするとメッセージが早送りできるって知ってた? ぼくは最近知った。DQ10、断続的に2年半ぐらいプレイしてるのに知らなかったわ……。

これでアスフェルド学園のイベントシーンもいくらか早く読めるんじゃないかと思ったら学園に行く気が出て、入学以来放置だったサブキャラの学園を進めて無事クリアしてきた。

といっても学園に入学したきり放置してるサブキャラ、あと2名いるんだけど……。

今後は、まずはメインキャラの学園2周目が11章序盤で長いこと止まっていたので、クリアしてしまうことにした。その次に別のサブキャラの学園を進めよう……。

※このページのスクショは全てブラウザ版。

アスフェルド光章はアンクの箱にしてみた

使い道にほぼ迷うことのない大光章と比べて、光章は使い道が多くて悩んでしまうが、ぼくは今回はアンクの箱をもらうことにした。

光章はたぶん輝石のベルトかアンクにするのがお得だと思うのだが、今回のキャラは輝石のベルトの封印を40個済ませていたので、それよりはアンクかなと思った。複数キャラでピラ毎週回すのだるいし。

ぼくは学園のおしゃれ衣装を学園外で着ることに興味が無いので、一部のアクセを交換したあとの光章220個をアンクの箱に注ぎ込んで計55箱開けてみた。が、アンクはひとつも完成しなかった。

不要なアンクは破片20個になるので、このキャラでは作っていないバステト・オシリスは破片にした。おかげでブローチはセト・セルケトが完成した。(イシスとアヌビスのブローチは完成済)

アンクの完成……遠すぎない?

ピラミッド真面目に回せってことですね。わかる。わかるけど4キャラでそれをやるのはしんどいんじゃ……。

学園の装備とスキル

メインキャラとサブキャラの武器・カードとスキルノートを記念に記録しておく。学園は魔法型が強いと思っているので、2キャラとも魔法が使える。

学園はスキル構成がいろいろ遊べて楽しいよね。

今回のサブキャラ

武器は数回作ったけど、そこまでしっかり厳選する余力がなかった……。なので適当なものをつけている。

しんぴのカードは物理攻撃と魔法攻撃両方やるからこれが一番いいかなって。

スキルはメインから写させてもらった武術IVと、

クラスメイトから写したらすごいノートになった両手武器IVと、

クラスメイトから写した歌術Vと、

メインから写した全呪文Vと(奇跡的に1箇所しか化けなかった)、

確か拾い物の魔力かくせい。

プラズマブレードで炎耐性を下げてためる弐でスーパーハイテンションになってギラグレイドを撃つスタイル……なんだが、炎耐性下げは入りにくい気がする……。炎耐性が下がると大獄剣が強くなるので、いいノート手に入れた。

パーティメンバーはミラン・クラウン・リソルだった。リソルだったのはメインキャラがリソルの恋人だからその名残。

教練はほとんど回してないけど、行くとしたら教練もこの構成だと思う。

メインキャラ2周目(ストーリーラスボス想定)

メインキャラは杖装備。こんな杖。

ギラグレイド・メラガイアー、早読み・超暴走魔法陣のノートがあるので炎ダメージアップの杖を持っている。あとはしんぴのカードだが、再開したあと入手したこれをつけてる。

スキルはこんな感じ。パーティメンバーがミラン・リソル・ラピスなので覚醒のアリアでみんなに呪文撃ってもらう。ミランは自力でバイキできる。

仲間の装備

仲間の装備は、ラピスの杖がこれ。メラゾーマたくさん撃つから本当は炎の杖あげたいんだが、自分用にしている……。

リソルの槍がこれ。

モシャストーン集め頑張った記憶ある……。他のアクセはそこまでこだわっていない。

控えのスキルノート

気に入っててたまに切り換えて使ったりするノートはこんな感じのが揃っている。

ドルマドン撃ちたいとき用。

物理パーティ組みたいとき用。

あとなんか捨てづらい風斬りの舞IIIのノート……。長期戦になるとCT的に微妙なので結局使っていないんだが、なんか捨てづらい。

教練時

教練行くときのスキルは他の記事にまとめていた。

総計3周の感想(ネタバレあり)

学園はメインキャラで2周、サブキャラで1周したわけだが。メインキャラの2周目は11章に入った直後に止まっていたので、初回プレイから約2年経過しており、終盤のことはほとんど忘れていた。

ほとんど忘れていたので、12章は怖かったなあ。いろんな意味で。特にサブキャラではラピスは一度もパーティに入れずスキルを振っていなかったので……。

あとサブキャラは恋人&親友になりそびれて12章に突入したので、恋人と親友ができたのはクリア後だった。

そしてねえ、知ってたけどラスボス強いんだよね!! LV55~60くらいで行ったらキツかったので、メタキン回して60代後半まで上げたら勝てた……けど楽勝とまではいかなかった。範囲攻撃キャラが複数いたほうが楽なのかも。

11章のダンジョンではアイゼルに真実を思い出させるようなシーンが次々展開される。あれを見せているのは誰なんだろう。

サブキャラの2周目がここの本当の2周目だった(メインキャラはそこまで行く前に止まってた)ので、細かいことを忘れてプレイしていて新鮮だったんだが、メインキャラで3周目しながら考えていて思った。

「校舎さん」は当たらずとも遠からずだったんじゃないか?

まぁ要するに誰かの願いに反応してああいうシーンが展開されたはずで、それは願いの少年によるものではない。(願いの少年はアイゼルに思い出してほしくないはずなので)

アイゼルの深層心理なのかなあとか、アイゼルに疑問を感じているクラウンの心なのかなあ、とかいろいろ考えてた。たぶんその辺なのかな。

個人的に学園は面白いし好きだけど、ドラクエ10をプレイしているのかどうかがわからなくなってくる。別のゲームやってる気分になる。

まあ、だからこそ息抜きになるのかもしれないが、学園装備は外で着たくない。ドラクエ世界に学園があるのは別に10だけじゃないが、現代の学校みたいな制服なのは違和感がものすごい。もっと違う制服だったらなーと思うんだよね。仕方ないことなのだろうか……。

あ、学園内では冬服可愛いなーと思って着ている。男女ともに冬服が好き。

ドラクエ10のコンテンツとしてどうかとは思うが、面白いとも思う。学園のストーリーは結構好きだよ。皆の成長を見ていくのも楽しいし、虹がかかるところとか感動するじゃん……。

おわりに

あとサブキャラ2名がいるわけなんだが、全員終わるまでやる気がもつとは思えない。せめてあと1キャラはクリアしたいなあ……そして大量のアンクの箱を開けたいなあ……。

タイトルとURLをコピーしました