王家のおでかけ迷宮をできるだけ短時間で開放するためのメモ

この記事は約4分で読めます。

王家のおでかけ迷宮開放までの道のりが長すぎる。なのでできるだけ短時間で開放できる策を考えた。

条件

  • できるだけ短時間でクリアする
  • 戦闘回数をできるだけ少なくする

具体的な策

  • 第一の領域、第二の領域で獲得する光の霊玉は6個を目安にする
  • LVはできるだけ高い職で行く
  • 箱は一切持ち帰らない
  • 魔人は全部無視
  • アンルシアちゃんの武器ははやぶさの剣(改でも可)、スキルはリセットして闘志に全振り
  • ボーナスモンスターはオール無視

この条件で行くと1層だいたい7~8分。案外長い……。

なおアナザーでは以下の策を追加する。

  • アナザーは右大臣と左大臣を毎回必ず両方使い、開放エリアを2つ増やしながら進む
  • (追記)時間に余裕があれば霊玉を多めに取り、銀箱や金箱を持ち帰る

ボーナスが美味しくない? おでかけ迷宮開放が主目的だから我慢しよう。1回全部クリアするまでは冥府出現率も上がらないので……。

解説

次の領域でもらえる勇気の輝きは、前の領域で獲得した光の霊玉×30個。6個獲得すると180個がもらえる。1分で1減るので、制限時間がおよそ3分になる。

戦闘時間を短くできる自信のある人は霊玉4個くらいでもいけるかもしれないが、6個あると安心感がある。

また敵が落とす霊玉の数は、

  • 普通の雑魚敵:1個
  • 光っている敵:2個
  • 次の領域への扉前の敵:2個
    (次の領域への扉前の敵が光っている場合は3個)

なので、道中で3~4体狩って扉前の敵も倒して扉に入る感じ。道中たくさん戦闘したら扉前はスルー可。

箱はどんなに素敵な箱が落ちていても絶対に拾わない。輝き180個では箱を拾う=ゲームオーバーである。どうせノーマルはろくな箱がないよ。アナザーならたまに竜箱あるけど、おでかけ迷宮を開放すれば山ほど拾えるのでそれまで耐えるんだ。

魔人は有利な効果をくれることもあるのだが、輝きを消費するし、見て悩む時間も惜しいのでスルー。

アンルシアちゃんにははやぶさの剣で2回攻撃してもらう。雑魚の頭数が少なければ一番速く倒せる。「こうげき」頼りになるので、素の攻撃力をあげる「闘志」に全振り。初期では「正義」に10ポイント振られているので、リセットして振り直すこと。闘志を振り終わったら正義40。レベルMAXまで上がればもう18ポイントあるが、王家のおでかけ迷宮開放までならそんなに上がらない。

ボーナスモンスターも無視する。強いし、輝き戻ってこないので。(ほかの敵は戦闘中に減った輝きは勝利時に戻ってくる) 箱がほしい? おでかけ迷宮開放まで耐えるんだ。

ボス戦は経験上輝き180もあれば倒しきれるが、自信がない人は240くらいまで増やしてもいいかも(第二の領域で霊玉8個)。

「できるだけ強い職」と書いたが、スキル150以上振れてたら結構なんとかなる気がする。レベルは70以上ぐらいがおすすめ。ぼくはスキル180まで開放済のLV80キャラで行ってみている。仲間モンスターの攻撃力も馬鹿にならないので、苦でない人は何か連れて行こう。そのときはせめて武器だけでもつけてあげよう。

(追記)銀箱や金箱を持ち帰ったほうがいい理由は、輝石の必要個数による。+2のベルトが出たら輝石にしよう。

追記:輝石必要個数と実際にかかった時間

王家のおでかけ迷宮開放までに必要な輝石の数は78個。60個まで貯めておいてもなお18個足りない。一週間で手に入る輝石の量は15個なので、「なるべく早く」にかかる週の条件も追加すると、道中で箱を持ち帰り輝石を3個入手できたほうがいい。

輝石に交換するのは+2のベルトがおすすめだそうなので(+3は封印の砂にしたほうが良い)、+2のベルトが出る箱、つまり銀や金をいくつか持ち帰ったほうがいいことになる。

また実際にかかった時間は、ぼくの場合、ノーマル全部クリアするまでに2時間、アナザーを12階までクリアするのに1時間であった。週で言うと2週間。輝石は足りなかったので、おでかけ迷宮開放は早くても来週。悲しい。

まとめ

1周8分で終わるとして、12層クリアするのに96分。アナザーはもっと速く終わるが、それにしても2時間以上はかかると考えて間違いなさそう。疲れるなー。

勇気の輝石がたまっていない人は毎週ちょっとずつ通うことになるので、1日1層と思ってちょっとずつ丁寧に通っていくのも手だと思う。

タイトルとURLをコピーしました