Synthesizer Vにドハマりしてしまった

この記事は約6分で読めます。

おかしいな……俺はFallout4をGW中にしゃぶり尽くすはずでは……???(一応やってます)

昔からVOCALOIDにはめっちゃ興味があったんだが、いかんせんお値段がすごいので手を出せていなかった。だってこんなだもん。

安い買い物ではないと思う。

まぁDTMやる人なら買えるんだろうけど、ぼくはDTMは挫折経験しかないのでいきなり1万するソフト買うのは抵抗しかなかった。

ちなみにボカロは巡音ルカと結月ゆかりが好きです。よろしくお願いします。

今頃になってUTAUを知る

ぼく何故かUTAUのことは全く知らなかった。フリーで使える音声合成エンジンと知って「え? すごない?」と思って使ってみようとした。

歌わせ方がわかんねえ。

インストールから好みの音源を使って歌わせるまでの解説が少なくて初心者にはしんどかった。ちなみに「三鬼稲荷神社」の「UTAUの導入と緋惺が歌うまで」シリーズが一番参考になった。

うん、良い感じだなと思った音源の中に緋惺があったので、それがきっかけでやっと歌わせられたんだよね。

で、良いなぁと思ったUTAU音源は他に闇音レンリがあって、そのサイトでSynthVを知ったのであった。

SynthVのよいところ

SynthV(Synthesizer Vの略称)のよいところは、なんといっても手軽で簡単なところ。起動時に10秒待ってもいいなら無料で使える。これはそんなに気にならないデメリットだと思うので、実質的に永年無料とも言える。

ぼくは買いたいくらい気に入りました。予算の都合でまだ払えない。お金貯めて……いつか買うね……!

ド素人でも音声ライブラリに声出してもらうくらいはできるし、UTAUのUSTファイル(メロディや歌詞、調声データのファイル)も読み込めるので、配布されている既存ファイルを使って歌ってもらうことも可能

音声ライブラリは少ないが、ぼくは日本語・女声の闇音レンリも日本語・男声のゲンブもどっちもめちゃくちゃ気に入っているので満足。ゲンブはいつか音声ライブラリが有料化したら買いたいレベル。

ボカロ系統の歌ってくれるソフトに興味がある人はSynthVから入るのがいいんじゃないだろうか。

音声ライブラリが豊富なほうがいい人はUTAUがおすすめ。わけわからんぐらい大量にあって選ぶのに一苦労する。だいぶとっつきにくいけど、ドキュメントはいろいろあると思う。

というかぼくは……ボカロ独特の変な母音が苦手で……。UTAUでもなるけど、自動合成の仕様なのかなあ。SynthVはそれがほとんどないのも魅力なんだよね。

調声を模索中

ぼくには夢があった。「いつかボカロ買ったら『ホ・シ・イ』を歌ってもらうんだ」という……。

「ホ・シ・イ」てのはサイキックフォースのソニアBGM「CARRY AWAY!」に公式が歌詞をつけて歌にしたやつ。試聴は以下の公式動画。

この歌が好きで、タイトーのカラオケがあったころは歌っていた記憶ある。

なのでこれをレンリちゃんに歌ってもらおうとしたんだが。彼女日本語音声なので、I'm lonely starって言えないんですよ。

なのでちょっと発音練習を頑張ってもらいました。

我ながら初心者にしてはよくやったと思う。

そんな感じで「ホ・シ・イ」歌ってもらってるんだけど、だいぶ上手にはなったんだが、もうちょっと直したいところがあるのでもう少し調整してから投稿しようかなあと……。ラウドネスの調整を覚えてからめっちゃ調声が楽しくなった。

SynthVのクセなのかどうかはわからないが、レンリもゲンブも高音になるほど力が抜けて声量が落ちる。普通、人間は高音ほど頑張って出すので、そのぶん声量も上がる……はず。少なくとも上手いシンガーは高音ほどしっかり出るよね。なのでそこらへん違和感があったんだが、ラウドネス調整で結構解決する。

あとはフレーズの最初の音が弱く出がちなので、そこを強めてあげると良い感じな気がした。最初の音をはっきり出せってボイトレでよく言われた。

ほかにも自分で歌ったらここ力むなーって思うところを強めたり、変に引っ込んだ音になってるところを強めたりしている。逆にやけに飛び出している音はちょっと弱めたり。

同じメロディでも歌詞によって強さがかなり変わるから、1音1音通して聴きながら調声になって結構時間かかるね。楽しい。時間泥棒。

ゲンブのハープ弾き語り

ゲンブは自キャラの声のイメージにめっちゃ近かったので、ちょっとテンションを下げてみたらマジで自キャラになった、という面白いキャラ。それをさておいても声が普通にめっちゃ好きだ。

そんなわけでゲンブには自キャラが歌ってるイメージでハープ弾き語りしてもらって遊んでいるが、それがまた楽しい。

初めて作ったのは「もみじ」。

これはイコライザかけてないので、声のノイズが結構残っているが、初めて作ったSynthV作品なので大目に見てほしい。

次に作った「モーツァルトの子守歌」はイコライザかけてみた。設定の問題なのか聞くに堪えないほどノイジーだった。とくに3番はノイズすさまじかったんだよ。だが、いくらか聴ける音になったと思う。でもまだノイズはあるな……。イコライザで頑張ったら消えるのかなあ。

これだいぶ単調な歌い方なおかげか、寝る前にリピートしてたらマジでめっちゃ眠くなって本当に子守歌だった……。

ちなみに伴奏のアレンジはどっちも自力で考えてる。自分で弾き語りするならこうかなって……。

今後の目標

レンリに「ホ・シ・イ」歌ってもらったあとは、ゲンブに「千年の独奏歌」を歌ってほしいんだ……。ボカロで一番好きな歌かもしれない。今もちょっとずつ歌わせてるんだけど、ゲンブをぼく好みのちょいテンション下げ設定にするとKAITOと区別つかないので、ゲンブっぽさ出すにはデフォルトかちょっとテンション上げくらいがいいのかなぁと思ったりもする。

千年の独奏歌ustはこちらからお借りしてすっぴんに戻してから使ってる。ありがてえ。

自力耳コピ難しすぎたよ。「ホ・シ・イ」は自力耳コピしたんだけど。

メロディ作るときとイコライザはCakewalk使ってるんだけど、だいぶ入力や操作に慣れてきたよ。やっぱやりたいことがあると違うね。作曲してみたくてもまず音の入力がしんどくて全然できなかったんだよなぁ、今まで。

SynthVは本当にめっちゃ楽しい。開発者さんへのお礼のためにも今年中には買えたらいいなと思っている。

タイトルとURLをコピーしました