FLATSの4Dパズル「辰段」を作ってみた

この記事は約2分で読めます。

先月の話なんだが、FLATSの4Dパズル「辰段」が面白そうだったので、買って作ってみた。

完成イメージは店頭に飾ってあったが、商品は平らなパッケージ。「いったいどんなふうに入っているんだ……?」と思っていたが、厚紙に切り込みが入ったもの(一部繋がっている)が3枚入っていた。

辰段は難易度が★4(最大で★5)なので、図案も細かい。初めてなのに★4にチャレンジしてしまった……。結論から言うと普通に作れた。

組み立て始めて最初のほう。

この頃はまだ立たない。組み立て方を見ながら、番号を照らし合わせて厚紙を切り取って組み合わせていく。

一部繋がっている部分はカッターで切ると良い感じ。カッターなしでも作れるらしいんだが、辰段は部品が細かいので……。

胴体にパーツがはまって蛇みたいになった。

足がついたので立てるようになった。続けて手もつけた。辰っぽくなってきた。

角やヒゲ、尻尾の先などをつけて、完成。

結構かっこいいのでは。

気に入ったので玄関に飾ってある。ところどころパーツが外れやすいのが難点。

次は鳥か馬がやりたいなー、と思っていたらペガサスまであった。幻想上の動物までいるのか……って思ってからよく考えたら辰も幻想上の動物だった。

この辺がやってみたい。

しかし面白いものが売っているなぁ。

タイトルとURLをコピーしました