StoryEditorをWin11で動かしてSEFファイルを開く

このサイトには広告が含まれています。

この記事は約2分で読めます。

StoryEditorというアウトラインプロセッサがあった。

今でも同名のフリーソフトはあるらしいのだが、この記事で言っているのはCHEEBOWさんのやつ。随分前にサイトが閉鎖されてしまったのだが、Way Back Machineにキャッシュされて現在も存在している。

こちらでStoryEditor 3.31をダウンロードしたのだがうまく起動しなかったので、起動するまで試行錯誤した結果、無事起動できてWindows11で懐かしのSEFファイルを開くことができた。

StoryEditor 3.31の動かし方

Windows11ではStoryEditorのSetUp.exeが動作しない

しかしStoryEditor 3.31は新規に導入する場合はSetUp.exeによるインストールが必須である。

一見詰んでいるかのような状況だが、同キャッシュのSoftware工房には前のバージョンである3.21がある。そのSetUpなし版をインストールして、3.31のSetUpなし版を上書きすると動作する。

手順まとめ

  1. StoryEditor 3.21のSetUpなし版をダウンロードし展開する
  2. StoryEditor 3.31のSetUpなし版をダウンロードして展開し、中身を3.21を展開したフォルダに上書きする

これだけ!

もし起動しない場合は、WindowsXPや7の互換モードで動かせば起動するはず。

おわりに

StoryEditorは昔めちゃくちゃ使ったアウトラインプロセッサだった。

単純に複数テキストをまとめて保存するファイルとしても有用で、創作(一次も二次も)をやっていた頃は特に酷使していた。

今は生活スタイルが変わったし時代も便利になったので、テキストを書き貯めておくのはiPhoneのメモ帳、自分用に保存しておく場所はNotionになった。なので今はプレーンテキストが一番扱いやすい。

昔書いたテキストをこの機会にいろいろ読み返したが、媒体の差はあれど文章を書くのは昔からずっと好きだなあと実感。もう二次創作はやらなくなったけど、それ以外の書き物はぼちぼち続けていきたいなあ。

ツール
SironeriK Memo
タイトルとURLをコピーしました